遅く起きたひとりの朝に

家族の夢を見た。

両親、祖父母、親戚、夫。

私が好きなことを自由にやれているのはきっと家族の支えがあってこそ。

私が好きなことを自由にやれる場所があるのは、友達やお客さんや関係者の方たちがいるからこそ。

自分一人で成し遂げられるものなんてないのかもしれん。

あったとしても、こんな複雑で、こんな充実して、こんなあったかい気持ちになんないんだろうな。

あー。生かされてるなぁ。

簡単なようで、有難い。ありがたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする