0点から見よう。100点から見ないで。

わたしはずっと100点じゃないとダメだと思って生きてきたのかもしれない。

完璧じゃないと認められない、価値がないと思ってきたのかもしれない。

そうすると、自分のことも他人のことも許せなくなってしまった。

許せないことで溢れてしまったのだ。

だって、そうそう完璧なものなんてないのだから。

100点からものを見るのをやめよう。

0点からものを見よう。 

今日一日をダメだったことで埋めるのはやめにしよう。

今日一日に何があったかを思い出してみよう。

わたしにできたこと、あなたにできたことで心をいっぱいに満たそう。

そうすれば、きっと、何か新しいものが見つけられる気がしている。

そんなことを考えていたら、

自然と笑顔になっていた。

どうか、おもろい夢を🌛😌🌃💤

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする